Hono・Mino・Haruのイギリス生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

術後の病院食

~イギリスの帝王切開後の食事について~

日本で生まれたHonokaとMinoriの時は、術後6時間は絶飲食。その後、口を湿らせる程度の水から始まり、最初の食事は翌朝から、重湯からスタート→5分お粥→7分粥→全粥→ご飯というふうに徐々に普通食を食べられるようになりました。

術後はこれが当たり前だと思ってました。

こちらイギリス。

術後のリカバリールームですでにガンガンお水を飲んでもOK!とのこと。前日から絶飲食のためカラカラの喉はすぐに潤いました。

ベッドのまま部屋に戻ると、"よく頑張ったね"とスタッフが温かいミルクティを入れてくれました。

10時に手術が終わったばかりなのに食事のメニューが来て、ランチとディナーを選ぶように言われました。

↑ポリッジ(日本でいうお粥)じゃない!
ピザにパスタ、ラム肉のパイ?!こんなの食べてい~の??!

私、チーズののったパスタボロネーゼを頂きました。
どのメニューもこてこて(笑)

さらに夜メニューは、マルゲリータピッザ、フィッシュ&チップス、ジャケットポテトなどからジャケットポテトを選び…

デザートもクランベリーチーズケーキ、アップルパイ、アイスクリームなどがありましたが私は毎回ヨーグルトにしました(^_^;)

お粥じゃなくていいんだぁ~と思うと、急にお粥が食べたくなったりして
でもお腹ペコペコだからさらりと食べてしまった私でした
(消化管全く異常なし!)
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。