FC2ブログ
 

Hono・Mino・Haruのイギリス生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

欧米で人気の育児グッズ、スワドル

育児グッズでお初に耳にしたものをご紹介しますっ
日本にいる時は知らなかった~スワドル(Swaddle)というものを!

Swaddleとは、"押さえつける"とか、"長い布で赤ちゃんを巻きつける"という様な意味の単語。

まさに日本でいう赤ちゃんの"おくるみ"なのだけど。

こんなの↓

色んなタイプがあるけど、どれもけっこうピチピチっとフィットするような作りです。

私が職場の同僚の皆さんから頂いた出産祝いのスワドルこちら↓


日本でいうおくるみって、温かくする目的でさっと赤ちゃんを包むアイテムって感じだけど、スワドルっていうのは、ちょっと違う。

柔らかい布で赤ちゃんを適度に押さえ、まるで子宮の中にいた時の様な圧迫された感覚を作り出す。良質な睡眠が長く続いたり、夜泣き対策にもいいと言う。

赤ちゃんの、両手を広げてビクッとする動き(モロー反射)により、起きて泣いてしまうのを、優しく包むように護るとされる。

最初スワドルおくるみを見たとき、何このピチピチの服?!って思った(笑)
目的、用途を知って始めて納得。


↑こんなんです。胴回り、ピチピチです

アメリカの研究では、「スワドルに包まれた赤ちゃんはそうでない赤ちゃんより、目を覚ます回数が少なく、脳の発達によいレム睡眠が2倍長い」いう検証結果が報告されてるらしい。また乳児突然死症候群(SIDS)の割合も低いとされている。

そんな魔法のおくるみ。
"スワドルミー"という商品が日本にもあるそう。

イギリスではウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルベイビーも使ってるとかで、大人気アイテムなのです

うちのHaruくんは、スワドル無しでもほとんど寝てるので効果がよくわからないのだけど(笑)、夜泣きやモロー反射で敏感に目が覚めちゃうベイビーにはもってこいらしい。

子宮の中の感覚や記憶が浅く、またモロー反射が消えていく生後3-4ヶ月までに使うのが有効だそうです
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。