Hono・Mino・Haruのイギリス生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コーンミールを探す日本人

イングリッシュマフィンを作った日のことー。
あのイングリッシュマフィンは作るよりも、実は最後にまぶすコーンミールを手に入れるのが大変だった。とうもろこしからできる粉で、どこにでもあるはずの、コーンミールなのになかなか無くて。。

ベーキング材料など豊富なWaitrose(というスーパー)にないわけがない!閉店20分前、走っていった。しかしベーキングのコーナーにも穀物の棚にもない…。
店員さんに尋ねたら、これだろ?って、コーンフラワーを持ってきたり、コーンスターチを持ってきたり…惜しいけど違う。

「こんな小麦粉みたいな感じではなくて、もっと黄色くて、粒子が荒いんです」
「イングリッシュマフィンにまぶしてあるやつなんですけど~」

ないなぁ、、

ないなぁ、、、

店員さんは小麦粉付近で隅から隅へ目を凝らし、立ったりしゃがんだり。
いつの間にか、店員さんは3人掛かりで探してくれていた。
閉店の片付けで忙しいだろうにすみませんなぁ。。もう自分で探すので…

数分後、、
「これかな!?」ついにあったか。
「Umm…これはセモリナ粉ですね、、セモリナじゃなくて、とうもろこしからできたやつです…」
残念ながら閉店間際、男の店員ばかり。
ベーキングなどに詳しくも興味もなさそう。
店員「イングリッシュマフィンにそんな粉付いてるか?」
付いてるよ!!あなたイギリス人でしょー

さらに数分後ポップコーンになる元のじゃらじゃらしたコーンを持って来られたときはさすがに自分の英語力の乏しさに弱気になった。
だいぶ違うんですけど…。
ていうかこんなものも売ってるのか。

代わる代わる店員さんが何か持ってくる…しかしあれも違うこれも違う…

「それ即席コーンスープの粉ですよね」
だんだんコーンミールから離れていっている(−_−;)
日本の10倍はありそうなコーンフレークコーナーも歩いた。
"These are CORN flakes.Not these"(これはコーンフレークです、これじゃない)
(知ってまーす、ん、ちょと笑ってます?)

閉店時間が気になりソワソワ。
自然に頭の中で蛍の光が鳴り出した。鳴るはずないのに。
でもこれ英国スコットランド民謡やったな、どうでもいいことまでよぎる。

イギリス人にしては客のニーズに応えようと一生懸命な人たちだった。

結局、ないのでまた出直します、ありがとう!そういって他の物を持ってレジへ。
もう客は私だけ。レジにいたのは女性だった。
「ベーキングに使うコーンミールが見つからなくて。遅くなってごめんなさいね」
「コーンミール??」
「そう、とうもろこしからできた黄色い荒い粒子で、イングリッシュマフィンに最後に付ける粉です」
「Ummm...誰かに聞いてみた?」
「えぇ、3人の男の人があちこち探してくれたけど、分からなくて」
「それは申し訳ありませんでした、うちにあると思うんだけど。もう1人女性がいるのでチェックさせるわね、ここで待って」
一刻も早く仕事を終わって帰りたいはずなのにこれまた感じのいい若い女性だった。そしてすぐ来た中年の女性に、私が言った通りに説明をし、見に行かせた。

数分後、ついにその女性が誇らしげにコレを持ってきた。"Here we are!!"

MAIZE FLOURと書いてある。
これトウモロコシなの??
スマホ英和辞書にmaizeといれると"玉蜀黍"と出た。なんて読むんだ。。この時点ではわからなかったが、その中年の女性がMaizeはCornのことだという。

よくわからないが、見た目と箱を振ったときのシャカシャカ音はまさにコーンミールなので、とりあえず買って帰った。

帰り道、"とうもろこし"を漢字変換すると玉蜀黍であった。おぉ~~これとうもろこしって読むんか!33歳にして初めて知った(恥)

あとになって、"maize"はとうもろこしのイギリス英語だと知った。"corn"はアメリカ英語だった。

アメリカ発祥のコーン製品は、イギリスでもコーンというのであろうか?みんなコーンという言葉も使うから。しかしイングリッシュマフィンに使うとうもろこし粉は、Corn meal(コーンミール)ではなく、Maize flour(メイズフラワー)であったのだ。

ちなみにアメリカでは使わないイギリス英語は他にもたくさんある。日本人は基本的にアメリカ英語で教育を受けているから、イギリスに来て初めて耳にする。

ガソリン(gasoline)はペトロ(petro)、だからガソリンスタンドはペトロステーション。
スーパーでズッキーニを探した時も通じず、そんな野菜は聞いたことがないと言われた。イギリスではクジェット(courgette )だった。
行列はライン(Line)ではなくキュゥ(queue)、Are you in this queue? (あなたこの列に並んでるの?)と聞かれて意味がわからなかったのを思い出す。



今日はとうもろこしのイギリス英語+漢字を学んだ。
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

履歴書の見本 | URL | 2014/06/23 (Mon) 01:48 [編集]


Nahoさま

さすがなほさん、ポレンタレモンケーキ!いいですね。コーンミールをマフィンにまぶすだけでは消化しないので、ポレンタケーキやザレッティ作りたいと思ってました。初めてのプレーンなポレンタ作りも。。ポレンタ使うとイタリアンにバラエティ増えますね~

Shizuka | URL | 2014/06/02 (Mon) 21:00 [編集]


そうそう! 私もつい先日レモンポレンタケーキを作ろうとして、製菓材料や粉類のところをさがしても見つからず。 かなりポピュラーなケーキなのになぁと再挑戦してみてやっと、パスタのコーナーにおいてあるのを見つけました。 コーンフラワーだとコーンスターチのことだし、ややこしいですね。 

なほ | URL | 2014/06/02 (Mon) 16:02 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。