Hono・Mino・Haruのイギリス生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

都会のオアシス

日本に帰国したら恋しくなるもの。

私にとって、それはイギリスの緑豊かな公園だと思います。

ロンドンという都会にいながら街のあちこちに広がる自然の緑。

私が5年前に初めてイギリスに来た時、何よりもキラキラしていて素敵だなと思いました。

昔、小学校の図書室に、"緑色の休み時間"という本があった。主人公の広太がイギリスに来て、1人のイギリス人の男の子に出会い、言葉は通じないが、色んなことを体験していく冒険物語。

ロンドンではなく、確かウェールズが舞台だったと思いますが、緑豊かなこの国の様子がたくさん描写されていました。イギリスという国を、小学生なりにイメージするきっかけになった本でした。

十数年働いた職場を一旦離れて渡英した私にとって、この三年間は、まさに緑色の休み時間でした。

仕事に夢中だった頃、キャリアを重ねることに必死でした。日勤~夜勤の繰り返しに悲鳴を上げることもなく、それが当たり前でした。

いまこうして、イギリスの緑のなかで子供たちと過ごしている。



貴重で贅沢な時間だと思います。



これが日常となった日々…










~Ravens court park~

子供たちも、きっと、このたくさんの緑に囲まれた今が、恋しくなるに違いない…



いまもう一度読みたい本



関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。